ドローンレースについての知識や、それに伴うチェックポイントについて

ドローンレース初心者の方に向けt情報を集めました。

2万人集客した団体

2015年の4月に結成されたDrone Imapact Challenge実行委員会は、「ドローンテクノロジーを用いた社会創造への貢献」を念頭に作られています。こちらは2016年11月に秋田県仙北市で国家戦略プロジェクトとして開かれた「アジアカップ」が大きな話題となりました。アジアの中でもトップドローンオペレーターばかりを集めたこの大会はテレビ局や大手動画サイトなどでも配信されたため、非常に多くの層にドローンの存在を訴求することに成功しています。

また、その翌年である2017年の8月に横浜赤レンガ倉庫で開催された「DRONE IMPACT CHALLENGE 2017 YOKOHAMA」は、述べ20,000万以上のオーディエンスを集客しました。このことから、まさにドローンレース界のトップクラスの団体であるということを世間にしらしめることが成功したのです。日本最大級のドローンレースを興行として成功させたことは、ビジネスとしてドローンが優れているということの証明にもなっています。

2019年5月の時点では次回開催はまだ決まっていません。しかし、今後の展開が注目されている団体なので、いつ動きがあってもおかしくはないでしょう。さらに、横浜市教育委員会も後援しているためクリーンさも抜群です。何か問題を起こして世の中にドローンへのイメージダウンをさせるという可能性も少ないでしょう。

Copyright ©ドローンレースについての知識や、それに伴うチェックポイントについて, All rights reserved.