ドローンレースについての知識や、それに伴うチェックポイントについて

ドローンレース初心者の方に向けt情報を集めました。

FPV使用上の注意

FPVという一人称視点で操縦をする機能を搭載しているドローンは、航空法の中にある「目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視させて飛行すること」という規則が設けられています。そのため、このルールから外れて楽しむためには事前に地方航空局長の承認を受けなければいけないのです。ヘッドマウントディスプレイを装着して楽しむFPVは「直接肉眼による目視」には当たらないため、もちろん、その対象になります。

また、FPVのドローンレースに参加するときには周波数にも気を付けましょう。ドローンの映像をヘッドマウントディスプレイに伝送するときには電波を利用します。電波は生活の中でもあらゆる場面で利用されており、スマートフォンやWi-Fiなどが今一番身近なものとなっているでしょう。また、タクシーや緊急車両の無線にも繋がっています。

このように、生活に密接に関係しているため、電波は電磁法という法律によって管轄されています。スマートフォンや家電などで使用されている2.4GHzの周波数帯ならば問題ありませんが、5.8GHzの周波数帯を使用するときには「第四級アマチュア無線技士」の免許が必要となります。これを所持しないで操縦をすると電磁法違反となるため注意しましょう。

Copyright ©ドローンレースについての知識や、それに伴うチェックポイントについて, All rights reserved.