ドローンレースについての知識や、それに伴うチェックポイントについて

ドローンレース初心者の方に向けt情報を集めました。

民間認定資格について

ドローンを飛ばすために必要な公的な資格は存在しません。しかし、各民間団体や企業が独自の認定制度を設けています。これらはドローンの技術向上や知識の蓄積をする際の目標となるため、本気でドローンを使った仕事に就職したいという人にとっては知っておくべき情報だということが出来るでしょう。

まず、JUIDAがスタートさせた「無人航空機操縦技能証明証」と「無人航空機安全運行管理者証明証」の2つが挙げられます。JUIDAは日本初の認定制度を始めた団体です。多数の生徒を全国に抱えるDPAでは「ドローン操縦士回転翼3級」や、「ドローン操縦士回転翼3級インストラクター」という資格を認定しています。ドローンの最大手メーカーであるDJIも「DJI CAMPスペシャリスト」という独自の認定制度を持っており、特に業務でドローンを使用する人に向けています。

このように、多くの団体や企業がドローンの認定資格を発行しています。このような認定資格を多数持っていることによって、例えば企業へ就職するときにドローンに対する技術や知識がどの程度のものなのかを証明するものとなるため、有利にリクルート活動を進めることが出来ます。そのため、今から勉強しても損は無いでしょう。

Copyright ©ドローンレースについての知識や、それに伴うチェックポイントについて, All rights reserved.